おひるね日記

2001年の7月に通販生活のリーガル・ホームベーカリー/横型1.5斤を購入しましたが,2007年7月にBAKE機能が不調、2008年5月にBAKE機能が完全に壊れたので、エムケーHBH917/横型1.5斤に買い換えました。 2013年3月、本体のパンケースを留める金具が二か所とも折れた!(@_@) エムケーHBK-150に買い換えました。 「おひるね日記倉庫」(フリーページ・リンク集)はこちら。 http://plaza.rakuten.co.jp/takeanap/

親不知

去年の秋ごろ、奥歯が痛くなって歯科へ行った。すると、「親不知の虫歯なので、抜きますか?」といきなり言われて動揺~。何の心の準備もなかったんだもの。
それで治療にしてもらって数回通って終わり。
ところが最近また親不知が痛くなって来た。ただ、去年と同じ歯なのか、全く記憶がない。(笑)
同じ歯なら今度こそ抜くんだろうなあと思うと、なかなか決心がつかない…。そんなところへ某所でネッ友さんが親不知抜歯体験記を載せて下さった。

---痛いのは最初の麻酔の注射だけ、30分ほどで抜歯は終わる。麻酔が切れると痛みがあるが、おかゆは最初だけで2回目からは普通に食事できる。一週間くらいは違和感あり。---

シミュレーションしながら、痛みが自然にひいてくれないかと期待して毎日歯磨きを頑張るものの、なぜか夜になると痛い。昼間は平気なのに…。

来週になると、いよいよ次男の私大入試の弁当作り週間が近づくし、今朝は朝なのに少々痛みがあったので、区役所で所用を済ませた後、8:45分なら電話もつながるかなと思って、一大決心(笑)をしてケータイで9時開始の歯科に電話する。
9時15分に来てもよいと言われたので、そのまま徒歩で歯科に9時頃到着。待たされるかと思ったのに9時15分にちゃんと診てもらえた。
いつもなら、痛い歯の方角(?)を言えば「ああ、この歯ですね」とすぐに治療してもらえるものなのに、今日は「どこですか?」と何度も聞かれる。奥から順に叩いて質問されるので、もっと奥だと答えると「では、親不知かなあ」とのこと。

ただ、親不知の腫れで歯科に来て抜歯が必要になる場合は、もっともっとパンパンに腫れているものらしい。
レントゲンを撮ったのが2年前ということで、今日またレントゲンを撮る。
それで、何らかの菌が入って痛みが出ている可能性と、噛み合わせがきつくて痛みが出ている可能性が考えられるということで、治療と投薬で終了。
ただ、問題は、今後、この親不知を抜くことになる場合は、大学病院に行かなくてはならないそうだ!(@_@)
反対側の親不知なら大丈夫なのだけど(ということは去年、虫歯の治療をしたのは右下の親不知)わたしの左下の親不知は、神経が真ん中に通っていて、抜歯するときに神経を傷つけてしまう可能性が高く、神経麻痺の後遺症が残ると、その後のフォローが必要になるとのこと。なので最初から大学病院へ行ったほうがよいそうだ。
怖くて、これ以上、質問が出来なくて帰宅後、ネットで調べてみる。^^;
「神経麻痺」って、身体障害者になるのかと思って驚いたけど、口内の知覚がなくなり、まあ人により1か月~半年で自然に回復するらしい。(気休め程度にビタミン投与の治療はあるらしい)
ネットで見る限り、そういった危険性について説明されずに神経が傷ついて後遺症に悩んでいる人も多い(どんな名医でも神経の位置によっては不可避なんだとか)ようなので、ちゃんと説明してくれただけ、この病院でよかった。

抗生物質と消炎剤を4日分もらったけど、次回までに痛みがひいてくれるといいな~。今のところ、我慢できない痛みではないけれど、我慢していればこのまま抜かなくていいのかな~。

とにかく、わたしの「左下の親不知」は虫歯になってはいけない、と忘れないようにココに書いておこう。