おひるね日記

2001年の7月に通販生活のリーガル・ホームベーカリー/横型1.5斤を購入しましたが,2007年7月にBAKE機能が不調、2008年5月にBAKE機能が完全に壊れたので、エムケーHBH917/横型1.5斤に買い換えました。 2013年3月、本体のパンケースを留める金具が二か所とも折れた!(@_@) エムケーHBK-150に買い換えました。 「おひるね日記倉庫」(フリーページ・リンク集)はこちら。 http://plaza.rakuten.co.jp/takeanap/

ニコ生イベント

このところ土日ごとに、
【電王戦記念】将棋ソフトに勝てたら100万円
GPS将棋トライアルマッチで300万円放出 ニコ生運営「想定していなかった」 | 日刊SPA!

GPS将棋は本当に強いの? 佐々木勇気四段に聞いた | 日刊SPA!

というイベントが原宿のニコニコ本社でありました。(全5回)
将棋と似合わないグラビアアイドルなんかを呼んじゃって、
通りすがりのオタクくんたちが気軽に参加して、
コンピュータ(GPS将棋というソフト)に、
こてんぱんに負けるイベント、という軽~い内容を、
運営さんは想定していたそうな…。

ところがフタを開けてみると、アマチュアの強豪たちが、
全国からやって来る来る!(プロは参加できません)
先着順なので初日は9人しか参加できなかったのですが、
ニコ生で映るたびに、あ、誰誰さんだ、と特定されてばかり。
(本名を名乗る名乗らないに関わらず)
将棋の観戦記者の人たちも参加していて、
話のタネに、

コンピュータ将棋 | 松本博文ブログ

でレポートしてくれたりするので、
次回から並ぶ人たちがどんどん早くなる。

初日は、持ち時間を使い切ったらグラビアアイドルさんが、
「秒読み」をするのですが、
10秒、20秒、1、2、3…と読むところ、
21、22、23…と読み、
「子どものお風呂か!」と言われ、
参加していた観戦記者の人が秒読みの仕方を教えてあげたそうな。
でも、可愛いので「秒読みちゃん」のニックネームを、
もらって定着しました。(秒読みちゃんたちは日替わり出演)
初日はすぐにパソコンがフリーズしたり、
グダグダ進行ながらもGPS側が負けなしだったので、
2日目は、運営さんがフリーズ対策に古いバージョンで始め、
パソコンも1台から3台に増やしてプロ棋士の解説者をつけて、
これでどうだ、という感じだったのに、午前中でナント、
2人も100万円ゲット!!!(@_@)
午後の休憩後にバージョンを最新のものに戻していました。(笑)
まあ、二人とも全国優勝経験者だそうですが。
3日目以降はもちろん最新バージョンのままなので、
もう100万円は出ないだろうと思いきや、
パソコンリフレッシュ再開後に、GPSが何だか変な手を指して、
最新バージョン初の100万円~。
女流棋士の安食さんのダンナさんらしい)

4日目は見かねたドスパラさんというコンピュータのメーカーが、
宣伝を兼ねてコンピュータを貸し出してくれて、ハード面を増強。
フリーズは減ったのかな?
ところがGPS将棋のライバル(?)の、
ポナンザというソフトの開発者が挑戦して来て、
「稲庭戦法」という、コンピュータ対策専用の戦法を始めました。
簡単に言うと、自分の駒を手前三段目の中で延々と移動させるだけ。
見ていても全くおもしろくありません。(笑)
元々、誰かやるのでは?と言われてたものの、
時間がかかるのでブーイングの嵐になるだろうから、
それまで誰もやってなかったのでした。
まあ、2日目以降、3台あるし、ソフト開発者としては、
戦法を試したかったのでしょう。
解説者も他の2台の解説だけしてたけど、
さすがに200手近く進んだところで、
もしかしてルールを把握してないのかも、ということになり、
(今回は時間切れではコンピュータが負けになることはない
←フリーズとみなされて再起動)
通りすがりのプロ棋士の知り合いだったこともあって、
挑戦者に話しに行きました。
で、なぜか終了。
説明によると、ルールは把握している、
このあと400手かかるけど、
そのときにコンピュータの評価値が変わるトカナントカで、
ちゃんと戦う予定だと答えたらしいのだけど、
始発から来た人や、遠方から来て並んでいる人がまだまだ多いので、
急遽256手までに駒がぶつかりあうこと、
というルールが追加されました。
業界人でもあり、説得されて256手まで指すこともなく、
お帰りいただくことになりましたが、
それはそれでブーイングの嵐。^^;
まあ、後付けのルールは毎回増えていたような?(笑)
4日目は無事に100万円は出ず。
さて、今日は最終日。
毎回駆けつけてる観戦記者のかたのブログによると、
始発どころか前日の終電で行って2番だったらしい。
午前4時ごろにタクシーでかけつけた人は行列にびっくりしてたとか。
始発組は順番回らないかも、という事態になってたようです。
最終日も100万円は出なかったけど、
最後に予定延長してエキシビション(途中でやろうとしてフリーズして、
まだ並んでいる人も多いのにというブーイングの嵐もあって、
最後に回したらしい)として、
前日お帰りいただいたポナンザの開発者のかたが登場して、
ポナンザ対GPS将棋という、ソフト同士の対決をやり、
ポナンザが圧勝しました。
100万円はもらえないけど、
開発者のかたもこれで納得でしょう。
にこやかに大人の対応でした。